埼玉県さいたま市の入れ歯・義歯・矯正歯科・インプラントなら福永歯科医院

福永歯科医院
インフォメーション

ご予約・お問い合わせ

入れ歯無料相談

トップページ > スタッフブログ

スタッフブログ

予防歯科で意識したい歯石のケアについて

2017.12.12

福永歯科医院 歯科衛生士の佐藤です。

歯をケアしていく中で、どうしても気になるのが歯石です。
そもそもなぜ歯石はついてしまうのでしょうか。

今回は予防歯科の中でも大事な、歯石のケアについてご紹介します。

歯石とは

歯石というのは、お口の中の細菌が唾液中のカルシウムやミネラルと結びつき、固まってしまったものです。唾液腺の近くである下の前歯に多く見られます。

実は、歯石自体は悪いものではありませんが、歯石の表面は無数の小さい穴があいていて、そこにプラークなどの細菌が付着し、悪さをします。

歯石を放置するとどうなってしまうのか

歯石

歯石を放置しておくと、細菌が出す毒素により歯茎が炎症し、歯周病を招いてしまいます。

歯周病により支えている骨がとかされてしまうと、大切な歯を失うことにもつながります。

そうならないためにも、歯石を定期的に除去することは必要なことです。

歯石は歯茎の中にも存在する

さてその歯石ですが、厄介なことに歯茎のなかにも存在します。

縁下歯石

歯茎より上か下かでも成分は異なってきます。そのため使う道具もさまざまです。
これが歯石を取る道具になります。

歯石除去のために使う道具

一見同じように見えますが、先端の角度が異なります。

福永歯科医院では患者様の状況に合わせて、歯石の除去をする道具も選んで治療させていただいております。

歯石除去に関連する、SRPのセミナーに参加しました

先日株式会社モリタ主催のSRPのセミナーに参加させていただきました。

歯石除去のセミナー

SRPとはスケーリング・ルート・プレーニングの略で、歯石除去のことを言います。

今回のセミナーでは基礎のあてかたから応用まで学び、SRPの技術を磨くことができました。
最後にモリタさんから歯ブラシやスケーラーなど新製品もいただきました。

モリタの新製品

ここで学んだことを活かし、精進していきたいと思います。

埼玉県さいたま市 福永歯科医院

予防歯科の詳細はこちら

入れ歯の専門サイトはこちら
入れ歯無料相談