埼玉県さいたま市の入れ歯・義歯・矯正歯科・インプラントなら福永歯科医院

福永歯科医院
インフォメーション

ご予約・お問い合わせ

入れ歯無料相談

トップページ > 入れ歯についての考え方

入れ歯についての考え方

入れ歯が歯の健康だけではなく、全身の健康を創る

入れ歯は、歯を治すためだけのものと思っていらっしゃいませんか?
そうではありません。
歯は全身の健康に密接に関連しており、例えば、以下のような効果が得られます。

入れ歯による、歯と健康の関係

以上のように、入れ歯は歯への影響だけでなく、身体のさまざまな箇所に絡んでくるものなのです。
歯の状態を改善することで、他の箇所にも改善の効果が得られるほど、入れ歯や噛み合わせは重要な役割を担っています。

保険の入れ歯の弊害

保険の入れ歯を装着し続けると、残っている健康な歯に負担がかかる

現在、日本は、65歳以上の人口の割合が14%以上・高齢社会の真っただ中です。
25%以上の超高齢社会になるのもそう遠くはありません。

しかし、近年の歯科疾患実態調査での高齢者の歯の現状は芳しくはありません。80歳の高齢者が20本の歯を保有できる時代は、はるか先のことでしょう。

歯の喪失順序をみると、男女とも50歳前後で一番奥の歯から失い、前方へ波及していることが明らかにされています。
これは、奥の歯を喪失すると手前の歯に銀色のバネをかけ、保険の入れ歯を装着し続けることにより、どんどん前方の歯が引き抜かれている現状を、容易に表しているでしょう。

健全な歯を喪失しないためにも、すべてのライフステージにおける予防ケアが大切ですが、すでに欠損が始まっていたり、多数に及んでいる場合には、どうしたらよいのでしょうか?

揺れている歯に保険の入れ歯のバネをかけて、痛い入れ歯を我慢して使い続けていても、 残せる健全な歯まで失ってしまいます。
噛み合わせの崩壊を正しく見直し、お口全体の治療計画を立てて、歯を固定し最善の入れ歯を選択していくことが、自分の歯を守ることへつながるのです。

福永歯科医院の入れ歯

テレスコープの入れ歯を入れた状態

福永歯科医院では、保険ではなく自費の入れ歯を専門としています。

その理由は、患者様に最善の医療を提供するためです。
保険の入れ歯では、予算面での制限があるため、その施術内容(使用する金属、工程など)にどうしても制限が出てきてしまいます。

その点、自費治療の入れ歯では、施術方法、使用する金属、制作工程など、全てを納得のいく形で対応し、最善の入れ歯を提供することが可能です。

福永歯科医院では、
部分入れ歯には、歯科先進国ドイツの歴史ある特殊入れ歯 ”テレスコープシステム”
総入れ歯には、精密な入れ歯を実現する ”上下顎同時印象法”
を採用しています。

それぞれの入れ歯について、以下のページで詳細にご説明しております。
また、ぜひお気軽にご相談頂けましたら幸いです。

部分入れ歯の詳細はこちら
総入れ歯の詳細はこちら
入れ歯無料相談
お客様の声はこちら
入れ歯の専門サイトはこちら