埼玉県さいたま市の入れ歯・義歯・矯正歯科・インプラントなら福永歯科医院

福永歯科医院
インフォメーション

ご予約・お問い合わせ

入れ歯無料相談

トップページ > 医院ブログ

医院ブログ

どうしてやめないといけいないの?指しゃぶりについて

皆様こんにちは!歯科衛生士の岡田です。

本日はお子さんの指しゃぶりについてです。

お子さんの指しゃぶりは自然にする行動ではありますが、長期間続くほど口腔内への影響は大きくなります。

指しゃぶりがお口に対してどのような影響をもたらすのかお話ししていきます。

20210824-11

指しゃぶりをする理由

ではなぜお子さんは指しゃぶりするのでしょうか?

指しゃぶりはお母さんのお腹の中にいる頃から行っています。

生まれてからお母さんの母乳を吸うための準備をしているのです。

生まれた後も指しゃぶりは精神の安定につながり、指をしゃぶっている方が寝付きがよく、激しい夜泣きも少ないと言われています。

そして、ものが握れるようになると指以外に興味のあることが増え、自然と指しゃぶりをする時間が少なくなっていきます。

それでも指しゃぶりを続けるのは、不安や緊張がある時に気持ちを落ち着かせたいと思っているときにするのです。

ですので、無理に辞めさせてしまうと不安になってしまうことも多いたいめ、本人とお話しして「なぜやめないといけないのか」を理解してもらう必要があります。

指しゃぶりによるお口の中への影響

指しゃぶりを続けているとお口の中に様々な変化が起きます。

①噛み合わせが悪くなる
3歳以降になっても指しゃぶりを長時間続けていると、上顎前突(出っ歯)や開咬(奥歯が噛んでいても前歯が開いている状態)という不正咬合につながります。

これにより見た目だけでなく、前歯で物をを噛み切ることができないなどの障害が生まれ、将来的に大人になった時に歯を失う原因にもつながります。
 
20210824-15

②口呼吸
①のような状態になると、上下の歯に距離ができるので口が閉じにくくなり、それにより 口呼吸になってしまいます。
鼻はウイルスや細菌などを通しにくくするフィルターの役割を担っているため、口呼吸ですとウイルスや細菌が直接体内へ入り込むようになります。

③皮膚への影響
指しゃぶりを続けていると、指に吸いだこやふやけが起きたり、口呼吸が習慣化することで口唇や口腔内が乾燥しやすくなります。

指しゃぶりを止めるには

指しゃぶりは精神を安定させるためなど様々な理由で行っている場合が多いので、無理にやめさせたり否定するのではなく、お子さんへやめなければならない理由を伝え、理解してもらう必要があります。

やめるためのアプローチの方法をいくつかご紹介します。

①絵本
「ゆびしゃぶりやめられるかな」という絵本の中で、写真や絵を見て 「指しゃぶりの何が悪いのか?続けているとどうなるのか?」などを理解してもらいます。

後半には保護者の方向けに口腔内への影響ややめさせる方法などを紹介しているため、親子で指しゃぶりをやめるための学びのツールになります。

20210824-16

②おしゃぶり
指しゃぶりを続けているよりはおしゃぶりをしていたほうがまだ良いです。

おしゃぶりはお母さんの乳首とほぼ同じ形のNUK(ヌーク)のものをお勧めします。

指しゃぶりの予防だけでなく、上顎にぴったりくっつきたくさん動かすことで、上顎や口腔周囲筋の発育をサポートします。

20210824-14

③ゴールの日を決める
「○歳になるまで」「○年生になるまで」などとゴールの日を決めて、それまでにやめるよう促します。

今日から急にやめなければいけなくなるよりは、心の準備ができて受け入れられやすいです。

④物理的に指を吸えないようにする
手袋をはめたり、苦い薬を塗って指を吸えないようにします。

寝ている間は無意識に吸ってしまうこともあるため、寝かしつけるときに手を握ってあげるなども効果的です。

まとめ

指しゃぶりは3歳までは自然な行動なので、無理にやめさせる必要はありません。

ただ3歳を過ぎても長時間続くようであれば、口腔内への影響もあるため、やめさせる方向に向いて行った方がよいでしょう。

いきなり無理にやめさせるのではなく、本人と良くお話しして、やめる理由をわかってもらう必要があります。

それには様々な方法がありますが、歯科もその一つです。

クリーニングの際に、指しゃぶりについて歯科衛生士から本人と保護者の方へお話しすることもできます。

悩まれている保護者の方がいましたら、ぜひ一度歯科へご相談ください!
無理なくやめられる方法を一緒に考えましょう!

埼玉県さいたま市 福永歯科医院

予防歯科の詳細はこちら

入れ歯の専門サイトはこちら
入れ歯無料相談