子育て歯科Child care dentistry

子育て歯科の悩み…

  • 毎日の子供の歯ブラシは面倒!
  • 子供が嫌がって歯ブラシしない!
  • いつから歯ブラシすればよいの?
  • 子供の歯並びは平気かしら?
  • 子供がいるから歯医者には行けない!
  • 子供は、後回し!
  • 妊娠していても治療ができるの?
子どもたち

お母様、お父様の悩みは様々です。二児の母である私も、毎日わが子の歯ブラシは、大変です。
たまにはさぼりたいな…なんていう日もあります。
子供は、お菓子大好きですよね!

しかし、わが子には虫歯1つないきれいな歯と歯並びになってほしいと願うのが親心ではないでしょうか。

福永歯科医院では、そんなお母様やお父様のお手伝いをさせて頂くために、親御様たちにいろいろなお話、相談をさせて頂き予防や顎の発育に関し知っていただくことを大切に思っております。

子供治療中

お子様の歯である「乳歯」は虫歯になりやすい

お子様の歯「乳歯」の硬さは、大人の歯である永久歯の5分の1から6分の1程度。
子供は大人に比べ歯がやわらかいのです。

これは、あごの成長を妨げないようにするためで、子供の歯が大人の歯のように硬いと、あごの関節の成長に悪影響を及ぼしかねません。
やわらかい歯はあごの成長に都合がいい一方で、虫歯になりやすいという一面もあります。

大人の場合、歯のやわらかい部分である象牙質やセメント質は、外側のエナメル質で被われて虫歯から守られています。
一方、子供の場合は、エナメル質が十分な硬さを持たないため、虫歯になりやすいのです。


お子様を虫歯から守るポイント

お子様が虫歯になりやすい原因は、歯がやわらかいことだけでなく、少しずつしか食べられないため食事やおやつの回数が多くなってしまう点も挙げられます。しかし、食事のちょっとした工夫で虫歯を防ぐことが可能です。虫歯の原因やメカニズムから、その工夫について考えてみましょう。

メンテナンス

“健康な口腔内の保持やさらに健康を増進するために、継続的にお手入れする”ことを意味します。単なるチェックや早期発見ではなく、ゼロからプラスの状態へ。より健康にするための歯科医療を提供するのがメンテナンスです。

なぜ治療をしなくてはいけない状態になってしまったのか。どうしたら今後、健康な状態を保っていけるのか。皆様お一人おひとりに合わせたリスク(弱点)やセルフケアの方法をお伝えいたします。さらに自分ではケアできない部分をプロのスキルと視点でケアします。

欧米では当たり前になっている予防歯科のすでに認められているエビデンスや臨床データを日本でも実践し、“生涯に渡って皆様の歯と健康を守る”ことを目的としたプログラムです。

メンテナンス

ブラッシング指導

患者様のお口に合わせたブラッシング方法を指導します。歯ブラシの持ち方、動かし方、タイミングなど、最適な方法をお教えします。

ブラッシング指導

フッ素塗装

フッ素を塗布することで、歯質が強くなり、歯の再石灰化を促すことができます。フッ素を塗るだけの痛みのない処置ですから、無理なく安心してお受けいただけます。

フッ素塗装

シーラント

奥歯の溝を薄いプラスチックで塞ぐ処置です。複雑な形をしている奥歯の溝は、歯ブラシの毛先が入りにくく、磨き残しが出やすい場所です。
薄いプラスチックで奥歯の溝を塞ぎ、食べカスが入らないようにするのがシーラントです。

シーラント

PMTC

専門機器を使った歯のクリーニングです。
普段の歯みがきでは取りきれなかったプラークや歯石を取り除きます。自分では磨きにくい歯と歯の間、歯と歯ぐきの間もしっかり磨きあげます。ツルツルに磨きあげることで汚れがつきにくくなり、自然な歯の白さを取り戻すことにもつながります。
研磨には歯の再石灰化を促すフッ素入りペーストを使うため、歯質が丈夫になる予防法です。

PMTCの流れ図

咬み合せチェック

咬み合わせに問題がないかチェックします。

福永歯科医院では、咬み合わせのチェックのみならず、小児矯正治療も対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

咬み合せチェック

入れ歯無料相談

入れ歯無料相談では、現在お困りのこと、お悩みなどを伺い、
入れ歯の模型や写真、動画をご覧いただきながら、今までの入れ歯や治療方法との
違いなどについて、詳しくご説明させていただきます。

お気軽にご相談ください