院内紹介Equipment

外観・院内写真

患者様に快適な診療をお受けいただけるよう、十分なスペースを取り、常に院内を清潔に保っております。

  • 医院外観

    外観

    JR埼京線「与野本町駅」の西口を出て徒歩5分の場所に当院はございます。
    オレンジ色の看板を目印にお越しください。駐車場もご利用いただけます。
  • 受付

    受付

    スタッフが常に笑顔で明るくお迎え致します。
    ご不明な点やご要望などがございましたら、どうぞお気軽にお声かけください。
  • 診療室

    診療室

    ドイツKaVo社製のユニットを使用しております。
    撮影した画像をご覧いただきながら、より分かりやすい説明を行うことを心掛けております。
  • 個室診療室

    個室診療室

    個室をご用意しておりますので、周囲を意識することなく治療することができます。
    普段聞きづらいお悩みなどもお気兼ねなくご相談ください。

院内設備・機器

ライカ社・マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)

ライカ社・マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)

当医院では、世界最高水準の光学技術を持つ、ライカ社製歯科用マイクロスコープを設置しております。

今までの歯科治療は大部分が肉眼に頼っておりました。そのため、虫歯や根の治療では、健康な歯を削りすぎてしまったり、悪いところを残してしまうなど、結果として再治療や抜歯の可能性を高めてしまいました。

歯科用顕微鏡の登場により、高倍率で歯を見ながらの治療が可能になり、病巣の悪い所だけを最小の量で取り除く治療ができ、きれいに治療部位を封鎖することも可能となりました。そのため、より確実性のある精度の高い歯科治療が行えます。

近年、歯をできるだけ削らずに、歯を残す治療が主流になってきています。歯科用マイクロスコープを使った顕微鏡治療も、そんな時代を象徴する最先端の歯科治療なのです。

しかし、歯科用マイクロスコープは高価な機械であるため、日本の歯科医院においてあまり普及していないのが現状であります。(※2009年歯科医院普及率2.9%程度)


ジーシー社・プランメカ社製 歯科CT装置

ジーシー社・プランメカ社製 歯科CT装置

当医院では、世界でもトップレベルの性能を誇る、フィンランド プランメカ社製の歯科用CT装置を導入しております。

CT装置が設置されている歯科医院は、全国でもまだまだ少ないと思われます。しかし、インプラント治療、外科的な治療、あるいは口腔内を3次元に適切に診断し、治療するには、もはやCT装置は不可欠と言えるでしょう。

なぜなら、外からでは見ることのできない、インプラントを埋め込む部分の骨の幅や高さを立体的に画像にしてくれるだけでなく、通常のレントゲンではわからない神経や動脈が通っている管の位置まで、はっきりと見せてくれるからです。

被曝量も、医科用CTによる頭部撮影と比較すると、1/10~1/23と言われ、高次の病院へCT撮影をしに行く事と比較すると、患者様への負担もかなり少ないと思われます。

インプラント手術ではミリ単位の仕事で、その現場となる口腔内では、ほかの部位よりも多くの動脈や神経が通っていて、その通り方も人によって微妙に違う、手術をする側にとって気の抜けない場所です。

この神経や動脈を傷つけてしまうのが、もっとも多いインプラント手術の失敗原因ですから、それを未然に防ぐためにもCT撮影なしのインプラント治療はありえないという状況になっています。


ドイツKaVo社製 デンタルチェア

ドイツKaVo社製 デンタルチェアドイツKaVo社製 デンタルチェアドイツKaVo社製 デンタルチェア
削るホースも全て消毒しております

歯医者さんの椅子、どれも同じだと思っておりませんか?
実は椅子の質によって

  • 歯を削る時の痛み
  • 虫歯を削った時に、神経をとることになる確率
  • ホースの中を通る水の清潔さ

に大きな違いがあります。

当医院では、最善の選択として、ドイツ カボ社のデンタルチェアを使っております。

多くの歯科医院で使用されている国産のデンタルチェアーに比べ、歯を切削する能力がはるかに勝ることに加え、歯を削る時に発生する熱を抑えるため、注水能力が比較にならないくらい優れております。

そのことにより、皆様の歯の大切な神経を保存できる確率や、歯を削った時に出る熱による歯の痛みを軽減しやすくなります。

また、ホースの中は清潔な水が循環する、水消毒システムを備えているため、常に清潔な診療を行うことができます。
唾液を吸うホースの管の中まで、患者様ごとに消毒を行うことができるのです。

このような椅子の設置により、高い水準で清潔な安全な治療を患者様にご提供しております。


Miele(ミーレジェットウォッシャー)

Miele(ミーレジェットウォッシャー)

当医院は、Miele(ミーレジェットウォッシャー)、Lisa(Bクラス高圧蒸気滅菌器)を揃えた数少ない歯科医院の一つです。これらは脳外科医療現場で使用されているレベルの滅菌システムでもあります。

歯科医院の滅菌システムはどれも同じと思われておりませんか?

福永歯科医院では皆様に安全、安心の治療環境をご提供するため、ヨーロッパ最高基準の滅菌システムを導入しております。

ミーレは高性能な洗浄、滅菌システムで、手洗いでは洗浄の難しい機材内部までくまなく洗浄することができるシステムです。

治療で使用した器具を完全に滅菌するには、その前に汚れ、特にタンパク質汚れを取り除くことが非常に大切になります。タンパク質汚れが付着したまま滅菌すると、タンパク質の中に存在する細菌やウイルスといった微生物が生き残ったままになるので、滅菌の効果を得ることができません。

滅菌の効果をより確実なものにするためには、予備洗浄→洗浄→熱湯消毒→乾燥を確実に行うことのできる、ミーレジェットウォッシャーは必要不可欠と言えるでしょう。


ハンドピース滅菌器 DAC UNIVERSAL

ハンドピース滅菌器 DAC UNIVERSAL

当医院では、患者様の治療ごとに歯の切削器具の滅菌を行っております。

ハンドピース(歯を切削する器械)は、 内部の構造が複雑なため、入念な滅菌処理が要求されます。

使用後のハンドピースは、内部の洗浄が困難であり、 外部表面の消毒のみで滅菌作業に入る歯科医院が多い中、 当医院では、DAC UNIVERSALにて、 血液や唾液、分泌液や組織等の治療由来の一般的な汚染に加えて、 摩耗や残留油分などのテクニカルな汚染を、 洗浄→注油→滅菌することで厳密に滅菌し、患者様に提供しております。

ハンドピースの内外部の洗浄は、手作業ではなく、機械で自動的に行う必要があるのです。 患者様の衛生環境を高い水準で維持すると同時に、 スタッフを院内感染から守ります。

ハンドピース滅菌器 DAC UNIVERSAL

LISA (Bクラス高圧蒸気滅菌器)

LISA (Bクラス高圧蒸気滅菌器)

治療器具の滅菌に関し、ヨーロッパ規格(EN13060)によると、どういった器具を滅菌できるかによって、クラスN、クラスS、クラスBの3つに分類されます。

クラスN→クラスS→クラスBの順で滅菌のレベルが上がり、Bクラスの滅菌器では「あらゆる種類の滅菌物を完全に滅菌できる」と実証されております。

日本の多くの医院に普及している滅菌器がSクラスなのに対し、福永歯科医院では、Bクラスの滅菌器を設置しております。

日々の臨床の中でより高度な滅菌を可能にし、患者様へ細菌の感染を大幅に低減させるようサポートいたします。


レーザー(Er.YAGレーザー)

レーザー(Er.YAGレーザー)レーザー(Er.YAGレーザー)

Er.YAGレーザーは、蒸散という反応が照射部の表層に限定されるため、他のレーザーに比べて組織深部への影響が少なくなります。
レーザーを当てた時の熱の発生が少なく、痛みが非常に少ないという特徴があり、低侵襲の治療を提供することが可能です。

虫歯、口内炎、歯肉、歯周病、知覚過敏の治療、色素沈着の除去などに使用します。

レーザー(Er.YAGレーザー)

ドイツKaVo社製 技工台

ドイツKaVo社製 技工台ドイツKaVo社製 技工台

歯医者さんの診療室で入れ歯や仮歯を作ったり、被せ物の調整をした経験はありませんか?
実は、この時に出る削りカスは、粉塵となって診療室内の空気を汚染する原因となります。

当医院では、ドイツKavo社製の技工台ミニテックを使用することにより、精密な技工作業を可能にするとともに、粉塵を強力に吸収して、院内の空気をきれいに保っております。

入れ歯無料相談

入れ歯無料相談では、現在お困りのこと、お悩みなどを伺い、
入れ歯の模型や写真、動画をご覧いただきながら、今までの入れ歯や治療方法との
違いなどについて、詳しくご説明させていただきます。

お気軽にご相談ください